まつげエクステが自まつ毛にかける負担

ぱっちりまつ毛は女性の憧れです。
日本人は海外の女性に比べ、まつ毛が少なく、また短いと言われています。
まつ毛にボリュームや長さが無いと、どうしても目の印象はぼやけてしまいがちです。

ですので、マスカラやつけまつ毛で毎日メイクしている方も多いのですが、マスカラやつけまつ毛は取れてしまう事が難点です。
マスカラやつけまつ毛で感じる悩みを、解消してくれるとして、まつげエクステは人気の美容法となっています。

まつげエクステは、自まつ毛に人工毛を装着する美容法です。
人工毛には長さやボリュームの違う様々な種類があり、自まつ毛につける本数や位置を変える事で、目の印象を大幅に変えられます。
1度装着すると約1ヶ月程度効果を維持でき、もちろん洗顔で人工毛が取れてしまうという事はありません。
マスカラやつけまつ毛を毎日するのは面倒という方にも、まつげエクステは選ばれています。

ただ、まつげエクステによって、自まつ毛に負担をかける事は避けられません。
人工毛は自まつ毛の、1本1本にグル―という接着剤を使いつけていきます。

人工毛の重みプラス接着剤の重みが、自まつ毛にかかってしまうのです。
その重みでまつ毛が途中で切れてしまったり、抜けやすくなるといったトラブルも起こるので、その点は注意しましょう。

まつげエクステによる、このようなトラブルを予防・改善するには、まつ毛育毛剤でのケアがお勧めです。
まつ毛育毛剤には発毛を促す働きのある成分や、まつ毛の成長期を伸ばすような成分が含まれています。
毎日まつ毛育毛剤でケアする事によって、発毛効果を実感できるようになるのです。

もし、まつ毛が薄くなったと感じたら、まつ毛育毛剤でのケアを検討してみてはいかがでしょう。

●まつ毛貧毛症の治療薬は通販で!
ケアプロスト
ルミガン